いわき気まぐれ料理ブログ
福島県いわき市の海の幸、山の幸と、それを使った料理、大久の海竜温泉プロジェクトを紹介していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニンジンの葉を使ってみました。
ニンジン

ニンジンの葉入りスープ
 どうも、バタバタと何も書かないままに時間が経ってしまいました。もちろん、食事をしない日はありませんから、外食とか、コンビニ食以外は、家で作っています。特に、お昼はパスタ類のことが多く、いつもあり合わせの材料で、やり過ごしています。なぜか、家で作るものは、朝は自家製(妻がパン焼き器で作る)パンとヨーグルトにフルーツ類、カフェオレ、昼はパスタ、夜はソバで、たまにジャガイモとか米とか…になってしまいます。原因は、何よりも妻が米食に弱いことです。高田(新潟県上越市)生まれとは思えない米苦手です。インディカ米(長粒種)は好きなのですが、あまり手に入りません。サラサラしていた業務用のタイ米も、今では日本向けにしっとりとしてしまい、食べなくなってしまいました。というわけで、昼は、作るときはほぼパスタです。スパゲティよりも細いスパゲティーニ、マカロニタイプで茹で時間の短いものなどがほとんどです。スパゲティーニはいわき市では手に入りにくいので、東京に出たときになじみの店でまとめ買いして宅配してもらいます。
 さて、近くのJA新鮮やさい館平窪店に立派な葉付きニンジンが売っていましたので、ついつい買ってしまいました。小さなニンジンの葉は、香りが嫌いでない方なら、やわらかくサラダに使えます。しかし、ちよっと大きすぎて根元の茎も固かったので、葉っぱをむしり取って固い茎はスープの出汁にしました。ニンニク、ひき肉、ニンジンの葉で、パスタにしてみました(5月18日)。それでも、5本のニンジンの葉の半分にしかなりません。残りは、茎で出汁を取り、ニンニクの薄切り、タマネギのみじん切り、ニンジンのイチョウ切り、ニンジンの葉の順番に、バージンオリーブオイルで炒めてから、荒挽きソーセージも入れてスープにしました(5月21日)。日常のスープは、本格的な出汁を取ることもブイヨンキューブも使いません。大き目の鉄鍋でたっぷりと作ります。味がなじみ少し煮詰まって美味しくなった頃、おしまいになります。
 動物性脂肪を採り過ぎないように、日ごろはバターを使わずに、バージンオリーブオイルかグレープシードオイルを使っています。コショウは、フランス風には白コショウなのですが、普段は黒粒コショウをミルで轢いて使っています。見た目はあまりよくありませんが
スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
レシピ
美味しそうですね。
いわきの新鮮な食材を使った
地産地消エコクッキングですね。

これからも楽しみに拝見させていただきます。
2007/06/08(金) 08:42:24 | URL | まるた #k9pOxXPw[ 編集]
ありがとうございます。
いわきは、新鮮な食材に恵まれていると思います。気候も穏やかなので、フランス料理も食べやすいと思います。
IHクッキングも、現在、研究中です。
2007/06/08(金) 11:06:24 | URL | Kunio #Ztawh61w[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。