いわき気まぐれ料理ブログ
福島県いわき市の海の幸、山の幸と、それを使った料理、大久の海竜温泉プロジェクトを紹介していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いわ牡蠣
いわ
 料理の写真はとりあえず撮影しているのですが、記事が遅れています。26、27日は、いわき市の方と一緒に東京ビックサイトのデザインフェスタVol.25に出展します。
http://designfesta.com/jp/df/event/index.html
 というわけで、今回はいわ牡蠣の感想だけです。東京の銀座(新橋)はなまさに、ときどきいわ牡蠣が販売されていました。でも、値段も高いですし、食べたことはありませんでした。こちらのら・ら・みゅうでたくさん売られているので、やはり高いですが、買ってみました。お店により一個600円から800円までありました。600円の天然いわ牡蠣なるものをひとり1個ずつ食べてみました。殻を開けるのは、養殖の殻付き牡蠣より固くて大変でした。で、肝心の味はというと、思いのほかすっきりしたくせの無い味と香りでした。塩味はやや強めに感じました。
 たまたま、最近は三陸の牡蠣ではなく、瀬戸内の牡蠣をいただいて食べましたが、養殖のためかも知れませんが、とてもクリーミィー、あるいはこってりした印象でした。牛肉とかと同じように、養殖の方が栄養与えて育てられているので、こってりするのですね。そこが良いという方もいます。それに比較すると、自然に育った牡蠣は、脂肪分が少ないので、味が濃くてもすっきりした感じなのでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。