いわき気まぐれ料理ブログ
福島県いわき市の海の幸、山の幸と、それを使った料理、大久の海竜温泉プロジェクトを紹介していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IH専用鍋のテスト結果
IH専用鍋
 遅くなってしまいましたが、私なりのIH専用鍋試用レポートを書きます。
 IH専用鍋ですが、もちろん、ガスなどにも使用できます。ズバリ感想を書くと、やはりIH専用鍋です。取っ手もステンレスで小さいのでガスなどでは熱くなってしまうと思われます。IHの場合でも、取っ手が小さいせいもありますが、沸騰したスープなど中味がたっぷりある時は、ちょっと持ちにくいです。オーブンに入れて蒸し煮しやすい利点はありますが、ステンレスの単層なので熱効率は少し落ちます。鉄鍋や銅鍋よりも温度を高めにする必要がありました。同じような形でステンレスとアルミの複層の鍋がありますが、複層の鍋の方が熱伝導が良いのでオーブンの蒸し煮には適していると思います。
 温度を高くして使うと、やや焦げ付きやすいです。ただし、とても硬質のステンレスでソフトクレンザーで洗えば新品のようになります。IHヒーターで使う限りは、単層なのでかえって上から熱が逃げなくて熱効率は良いようです。ただし、熱の通り方がやや硬いと思われます。料理の種類や調理法により、適不適があると思いました。たとえば、本格的なカレーには、焦げ付きやすく向かないと思います。パンフレットにあるようにシールド効果を使って少量の水で蒸し煮にするには向いていますが、色と歯ごたえなど、具合よく調理するにはそれなりの慣れが必要と思いました。
 鍋の形ですが、もう少し小ぶりで高さがあるタイプとか、テーパーの付いたタイプとか、底の角が丸いタイプとか、そういうラインナップも必要かなと思いました。確かに200VのIHヒーターを効率よく使うには良い形なのですが、家庭で料理をする使いやすさをもう少し加味して欲しいです。200VのIHヒーターで、たくさん料理をされる方にはお勧めです。
スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。