いわき気まぐれ料理ブログ
福島県いわき市の海の幸、山の幸と、それを使った料理、大久の海竜温泉プロジェクトを紹介していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メヒカリ・レポート
小名浜産のメヒカリ
 9月11日に生のメヒカリを近くのマルト、フジコシで売っていました。小名浜産のメヒカリを買いました。前回調理したメヒカリは解凍でしたので、生のメヒカリを食べてみたいと思っていました。ネットにいわきのメヒカリは7月までと書かれていましたが、気候の変化によるものでしょうか、9月です。
 前回の印象で、骨は思ったより硬かったので、今回は骨をとってヒラキ状に調理しました。皮も取って刺身にして食べてみました。魚の身の塩分の強さなどを知るには、やはり生で食べるのがよいと思っています。塩気が強く、ねっとりとした感じです。磯臭さがありますが、私は磯臭さが好きなので醤油などはつけずにそのまま食べるのが美味しいと思いました。少し酒をふって冷蔵庫で寝かしてみました。塩気は前ほど感じられなくなり、あまり塩気の強くない醤油とわさびで食べるのがよいと思いました。ただ、小さな魚なので、たくさんは調理したくないですね。ヒラキ状で皮のついたまま、ディルウィード(乾燥したディルの葉)をふってソテーしてみました。塩はふりませんでした。味は悪くは無かったのですが、崩れてしまいました。中骨は取らない状態で調理しないと駄目ですね。そのままフライ、ムニエルも考えたのですが、素材の味が分りやすい調理にしてみました。やはり、一般的な軽く干したメヒカリを唐揚げにするのが、調理しやすく、美味しいという当たり前の結論になってしまいました。

ヒラキにさばく

刺身(左)、ソテー(右)

スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
サイト登録させてください
福島県いわき市の行事・イベント情報 のサイトです。よろしくお願いします。

http://www.iiwaki.com/
2007/09/22(土) 20:28:42 | URL | iiwaki #/9hBKkrU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。