いわき気まぐれ料理ブログ
福島県いわき市の海の幸、山の幸と、それを使った料理、大久の海竜温泉プロジェクトを紹介していきます。
200801<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>200803
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ記事を分けることにいたました。
みなさん、ちょっとご無沙汰してすみません。
いろいろ検討した結果、いわき市のプロジェクトもまだ生きていますので、
ここは「いわき気まぐれ料理ブログ」に戻し、
いわき市の食材や、それを使った料理を紹介していくことにしました。

私のボンビーグルメ料理は別ブログで紹介していくことにしました。
2月15日オープン予定です。
くにおのボンビーグルメクッキングもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

ハマグリとシメジのスープ
ペンネ(左)とハマグリとシメジのスープ(右)

このところ半額OKシリーズになってしまい、これも半額のハマグリです。
ブナシメジもOKで小さめですが1パック50円。
ハマグリのスープはいつもの作り方です。

   鍋に水とロリエ1枚とチンザノ少々を入れて、洗ったハマグリをいれ、火にかけます。
   貝が開いたらアクを取り、火を止めます。
   今回はハマグリを取り出し、殻から身を取りました。

   フライパンにコーン油と小麦粉を入れて炒めてルーにします。

   スープにルーを溶かし、とろみをつけ海塩と、白コショーを挽いて味を整えます。
   コーン油で炒めたブナシメジを加えます。
   自家製のパセリペーストを少し加えます。
   ハマグリの身を戻して、軽く煮立てて出来上がりです。


シメジとパセリが、ハマグリの磯臭さを消してちょっと違った感じになりました。

少し食べ進んだ方が美味しく感じられました。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

ブロッコリーと甲イカのペンネ
ブロッコリーと甲イカのペンネ

マリネの余りの甲イカの足を使いました。
ブロッコリーは2つで98円の安売りです。
ちょっとフニャけていました。
できるだけ固ゆでにしました。
その他、ブナシメジを少しと鶏胸肉をあらく切ったもの少しを用意しました。

   フライパンにコーン油を入れ、
   薄切りにしたニンニク1片を入れてかるく炒めます。
   イカを入れて炒めます。

   鶏胸肉を入れて炒めます。

   ブナシメジを入れて炒めます。

   素材の水分が出てきたら、下ゆでしたブロッコリー入れて、
   水分を吸わせるようにして炒めます。
   岩塩と白粒コショーを挽き入れます。

   この段階で、乾燥バジルをかるくふります。
   今回は、他のハーブは使いませんでした。

   ペンネをゆでてフライパンに入れ、ペンネに塩、コショーします。
   全体をよく混ぜ合わせたら皿に盛ります。


ありものの組み合わせですが、思ったよりうまくまとまっていました。

ブロッコリーがもう少ししっかりしているとなお良いのですが…。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

甲イカのマリネ
甲イカのマリネ

甲イカ

甲イカが一杯だけ半額でしたので、買ってしまいました。

ところで、ichicoは冷たい料理が苦手で、刺身もその部類に入ります。
今日は寒かったので、マリネにしてみました。
といってもマリネも温かくはないのですが…。
もっとも、刺身も冷蔵庫から出したばかりで冷たすぎると味が分りませんね。

今回は、ハーブ酢とバルサミコ酢を半々に混ぜてみました。
でも、刺身好きの人がみれば、もったいないことをしていると言われそうです。
甲イカなので、スルメイカよりももっさりした感触です。

   皿に岩塩と白コショーを挽きます。
   乾燥ディルをうすくふります。

   そぎ切りにした甲イカの身を並べます。

   岩塩と白コショーを挽きます。
   ハーブ酢とバルサミコ酢を混ぜたものをふります。
   乾燥ディルをふります。
   エキストラバージンオリーブオイルをかるくふります。

   そのまま室温でなじませます。


感想としては、まあ、たまには良いかなでした。
ディルが生でなくて残念。

実は、私は甲イカの皮付きのエンぺラを、
そのままかわさびとしょう油を少しつけて食べると磯臭くて一番気に入ってます。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

カキのグラタン
カキのグラタン-1

カキのグラタン-2

カキ(牡蠣)は、生でもフライでも美味しいですが、今年のように寒い冬にはグラタンが温まり、ボリュームもあってピッタリです。

ほうれん草がありましたので、カキとホーレンソウでグラタンにしました。
香り付けにベーコンを使うと良いのですが、ボンビーなのですっきりと無しにしました。

チーズは、エメンタールとか少なめにグリュイエールとかも良いのですが、今回はパルメザンが少しありましたので、おろして使いました。
もちろん、粉のパルメザンでも良いです。
チェダーチーズが大きな固まりで比較的安いので、これを切って使うことが多いです。
パルメザンチーズは、味が濃いいので、ちょっと味噌味風になりました。

炊いたご飯を混ぜてみたら、しっかりリゾット風になりました。
リゾットの方が食べやすいかも知れません。
なお、タラ、小エビなどを加えても美味しいです。

カキは、これまたOKストアの半額品です。
賞味期限は切れていません。

   カキ1パック、ほうれん草1把で葉だけ取りました。
   カキは塩水でさっと洗い水を切ります。

   バットにペーパータオルを敷き、
   カキをのせ、塩とコショー(白コショーを挽く)をし、少し置きます。

   鍋に水とロリエの葉と辛口の白ワインを少し入れます。
   カキを入れ、静かに煮立て、煮立ったらアクを取り、すぐに火を止めます。
   カキと煮汁に分けます。

   ほうれん草をバターとコーン油で炒め、軽く塩、コショーをします。
   グラタン皿に乗せ、温かいところに置いておきます。
   オーブン皿にニンラクの切り口をこすっておくと、わずかに香りがついてよいものですが、
   今回は省略しました。


ホワイトソースを作ります。
いわゆるベシャメルソースですが、カキの味を引き立てるために、カキの煮汁も加えます。


   鍋にバターとコーン油を入れ、小麦粉を加えて弱火でよく混ぜます。
   冷たい牛乳を注ぎ、ロリエを入れます。
   火を中火にして温まってとろみが付いてき始めたら、カキの煮汁を足します。
   分量的には、牛乳と同じから半分くらい、好みですが、半分くらいの少な目の方が一般的でしょう。

   煮立ってきたら弱火にしてロリエの葉を抜き、塩、コショーで味を整えます。
   コショーは白コショーの方が良いでしょう。

   ほうれん草の入ったグラタン皿にカキをちらし、パルメザンチーズを少しふります。
   ソースを回しかけ、さらにパルメザンチーズを軽くふります。
   高温(250度くらい)のオーブンで軽く色づくまで焼きます。
   さらにパルメザンチーズを今度はしっかりふります。
   焼色がしっかりついたら出来上がりです。


ごく熱いうちに召し上がりください。
なお、料理に使った白ワインも一緒にどうぞ。

今回は、ミュスカデが安く手に入ったのでこれを使用しました。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。