いわき気まぐれ料理ブログ
福島県いわき市の海の幸、山の幸と、それを使った料理、大久の海竜温泉プロジェクトを紹介していきます。
200708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メヒカリ・レポート
小名浜産のメヒカリ
 9月11日に生のメヒカリを近くのマルト、フジコシで売っていました。小名浜産のメヒカリを買いました。前回調理したメヒカリは解凍でしたので、生のメヒカリを食べてみたいと思っていました。ネットにいわきのメヒカリは7月までと書かれていましたが、気候の変化によるものでしょうか、9月です。
 前回の印象で、骨は思ったより硬かったので、今回は骨をとってヒラキ状に調理しました。皮も取って刺身にして食べてみました。魚の身の塩分の強さなどを知るには、やはり生で食べるのがよいと思っています。塩気が強く、ねっとりとした感じです。磯臭さがありますが、私は磯臭さが好きなので醤油などはつけずにそのまま食べるのが美味しいと思いました。少し酒をふって冷蔵庫で寝かしてみました。塩気は前ほど感じられなくなり、あまり塩気の強くない醤油とわさびで食べるのがよいと思いました。ただ、小さな魚なので、たくさんは調理したくないですね。ヒラキ状で皮のついたまま、ディルウィード(乾燥したディルの葉)をふってソテーしてみました。塩はふりませんでした。味は悪くは無かったのですが、崩れてしまいました。中骨は取らない状態で調理しないと駄目ですね。そのままフライ、ムニエルも考えたのですが、素材の味が分りやすい調理にしてみました。やはり、一般的な軽く干したメヒカリを唐揚げにするのが、調理しやすく、美味しいという当たり前の結論になってしまいました。

ヒラキにさばく

刺身(左)、ソテー(右)

スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

リンク更新しました。
桃(2個はすでに食べました。)
 9月8日、一二三屋さんの新装オープンセールに行って来ました。桃を一箱980円で買ってきました。少し汚れている桃など、野性的な桃も混ざっています。一箱、大は16個、小は20個などですが、私が購入した箱は18個で、下の発泡スチロールも白ではなく緑でした。箱により、桃の色も様々でした。私は、きれいさよりも熟れていそうな箱を選びました。お陰様で、おやつもデザート?も桃の毎日です。写真はすでに2個食べた後で撮りました。傷んできた桃はジャムかコンポートにしようかと、思いながら食べています。一二三屋さんは、お酒の種類が豊富で、マディラ酒、ノワイイ酒など料理に使うお酒もあります。エブリアにも入っています。
 食材の豊富な、いわき駅に近い鮮場ですが、こちらは総合のホームページがありません。入口の東北青果さんは、野菜が安いのですが、ネットで検索したところ青森のネット販売の東北青果さんしか見つかりませんでした。鮮場の魚屋、おのざきさんは、ホームページがあります。エブリアにも入っています。質・量ともに充実しています。お肉やさんも食材豊富です。乾物屋さんも充実しています。ホームページが見つかりましたら、リンクに追加します。
 フジコシさんと、マルトさんは、ご近所のスーパーなので、ちょくちょく買物に出かけます。フジコシさんのホームページは製作中といった感じです。その他、いわき駅近くに、ヨーカドー、サティなどがあり、商品も豊富で価格も安いです。
 いわきに来て良く買物をするお店で、東京に居たときは知らなかったお店をリンクに追加しました。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

猪肉のブルギニョン(赤ワイン煮)
猪肉のブルギニョン(赤ワイン煮)
 ブルギニョンは、ブルゴーニュ風という意味で、ブフ・ブルギニョンでブルゴーニュ風牛肉のワイン煮、つまりは赤ワインで煮たビーフシチューのことになります。畑を荒らす猪は、害獣として駆除することが許されています。駆除された猪肉の冷凍を、しばらく前ですが、いただきましたので、ワイン煮にしてみました。赤ワインは、ブドウの皮ごと圧搾するのでタンニンがきついです。赤ワインの中でも、タンニンの少ないブルゴーニュ(ピノノワール種)の赤ワインで煮込んだものがブルギニョンとなります。ただし、ピノノワールのワインはやや高めなので、煮込みに使うことはほとんどありませんでした。チリかカリフォルニアの1000円以下のピノノワールをたまに飲むぐらいでした。猪肉は、牛肉ほど赤身ではありません。やはりタンニンのきついワインは使いたくなかったので、迷った結果、フランス産の1280円のピノノワールを購入して煮酒にしました。
 作り方は、基本的にブフ・ブルギニョンと同じにしてみました。ただし、レストランではないので、ソースにとろみを付けることも、付け合せの野菜を添えることも省略しました。肉の煮込みを和風に作ったのは、大和煮ですね。これは、ビーフシチューの日本版なのでしょうか、分りません。写真は、オーブンで煮込んだ状態です。

猪肉のブルギニョン、漬込み
 猪肉を適当な大きさ(縮むことを考えた一口大位)に切ります。これを香味野菜を刻んだものと香辛料をボールに混ぜて入れ、赤ワインを注ぎ、ラップをフタをして冷蔵庫の中で3~4日ほど漬け込みます。漬け込み終了後、肉と野菜に分けて、ザルで水気(ワイン)を切ります。なるべくしっかり水切りをします。急ぐときはペーパータオルを使用しても良いでしょう。肉は塩・コショーしてオリーブオイルなど熱に強い油をひいたフライパンでしっかりと焼色を付けます。なお、塩・コショーをしない作り方もあります。野菜を別のフライパンにバターかオリーブオイルをひき、軽く色づくまで炒めます。香り付けにベーコンかパンチェッタを少し加えても良いです。完熟トマトの果肉のみを刻んで入れて炒めます。熟れたトマトが無い場合は、水煮の缶詰を使用します。これを銅鍋の場合は120度~130度のオーブン、オールステンレスの鍋の場合は140度~150度のオーブンで3時間から4時間程、フタをしたまま蒸し煮にします。オーブンに入れる鍋は、銅鍋、鉄鍋、オールステンレスの鍋などで、プラスチックや木製のツマミ・持ち手の鍋は絶対に使わないでください。また、オーブンから取り出す時等は、必ずオーブン・グローブをした手で取り扱ってください。素手で触りますと火傷をします。さて、今回は量が少なめだったのでオーブンで3時間蒸し煮しました。肉を取り出します。残った野菜と煮汁をシノワかストレーナーでしっかり濾します。煮汁の味を見て、必要なら赤ワインを足します。煮汁を煮詰めて浮いてくる灰汁を丁寧に取ります。塩・コショーで煮汁の味を整え、取り分けていた肉を戻します。硫酸紙(パラフィン紙、ロウ紙)で内ブタをして、弱火で味がなじむまで20~30分ほど煮ます。煮汁を煮詰めないで肉を戻して煮込む方法もあります。なお、オーブンで煮込めない場合は、内ブタか落としブタをした鍋で弱火で蒸し煮にしてください。
 参考までに、量目を書いておきます。猪肉350グラム、赤ワイン(ピノノワール)2分の1本、セロリ1茎、ニンジン小1本、タマネギ2分の1、日本エシャロット3カケ、ニンニク皮付1片、クローブ1粒、乾燥タイム少々、ロリエ小1枚、黒粒コショー6粒(白粒コショーの方が一般的でしょう、好みで使い分けてください。)、岩塩少々、コショー適宜、パンチェッタ少々、完熟トマトの果肉2分の1、残りの赤ワイン(後で足す)

猪のマディラ酒煮込み
 その後、もう一度、猪肉をいただきました。今度は、マデイラ酒で、ほぼ同じようにして調理してみました。本当は甘口(リッチ)のマディラ酒で煮たかったのですが、手に入らず辛口(ドライ)のマディラ酒に中甘口の白ワインを加えて煮込みました。マディラ酒は、ドライでも適度に甘みがありますので、比較的さっぱりした仕上がりになりました。気分で香味野菜はニンジンが多目です。マディラ酒が濃いので、パンチェッタとトマトは入れませんでした。写真上は、オーブンで煮込んだ肉・野菜を分けたところです。上の小さな皿は、出汁に入れた骨です。写真下は、出来上がりの状態(左)と硫酸紙の内ブタ(右)です。やや甘口の日本酒と醤油で煮込むこともできますね。
猪のマディラ酒煮込み

出来上がりの状態(左)と硫酸紙の内ブタ(右)

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。